EMC Avamar + Data Domain

複雑なIT環境の統合バックアップを実現する
Avamar-Data Domain連携

AvamarとData Domainの連携

シンプルな構成で効率的なデータ保護
  • ● ほとんどのワークロードに対応するAvamarですが、大容量のデータ要件にはシステムが複雑化することがありました。そこでAvamarにData Domainを連携させることによりシンプルな構成で効率的なデータ保護が実現できます。この構成では、メタデータ(バックアップ取得情報)だけがAvamarに保存され、実データは直接Data Domainに転送されるため、バックアップ対象クライアントが増加しても多くのバックアップソフトウェアで必要となるメディアサーバの増設は必要ありません。
  • ● バックアップデータ転送トラフィックを大幅に削減するDD BooSTによりネットワークに対する負荷も大幅に削減可能です。

AvamarとData Domainの連携効果

この構成では、Avamarはバックアップソフトウェア機能に特化します。既存で導入されている他のバックアップをAvamarに集約することが可能です。Data Domainはバックアップデータを格納する役目を担い重複排除機能によりディスクスペースの削減を図ります。

複雑なバックアップオペレーションを一元化
  • ● バックアップソフトウェアのライセンス料コストを大幅に低減出来ます。
  • ● 複雑なバックアップオペレーションを一元化してシンプル化できます。
  • ● スモールスタートし、容量が増加した際にDD筐体追加で対応可能。
  • ● バックアップが統合できるのでシステムごとに災害対策を策定する必要がありません。
ページTOPへ